- 広告 -
ホームページ JP-site 日本政府はオリンピック期間中の東京の準非常事態に目を向けていない

日本政府はオリンピック期間中の東京の準非常事態に目を向けていない

オリンピック開催に向けての懸念点

日本政府は、多くの健康専門家がCOVID-19症例の潜在的な急増について懸念を表明していることを考慮して、オリンピック中に東京を準非常事態に置くことを検討している、と政府当局者は月曜日に発表した。オリンピックは7月23日に始まる予定ですが、日本の首都への人々の流入によって引き起こされ、より伝染性の高い種によって引き起こされるコロナウイルス感染の急増に対する国民の懸念が続いています。4月下旬以降、東京は非常事態宣言が厳しくなりましたが、第4波の感染がやや緩和されたため、6月20日に終了する可能性があります。しかし、東京に加えて、北海道、大阪、福岡を含む9つの都道府県が現在緊急事態にあります。政府は現在、ほとんどの都道府県で緊急事態を解除し、いくつかの都道府県を準緊急事態に移行することを計画しています。 

 

オリンピックの開催

政府は、オリンピックを通じて、8月8日に閉会する予定の準非常事態を維持するか、それとも試合が始まる前にそれを解除して再び課すかを検討する、と当局者は語った。匿名を条件に語った関係者は、「適切な措置を講じる。(オリンピックの)キャンセルや延期はない」と述べた。関係者は、オリンピックとパラリンピックのステージングは​​、7つの裕福な民主主義グループのリーダーが週末にスポーツの祭典への支持を表明した後、今や国際的なコミットメントになっていると述べた。

英国での首脳会談後、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国の指導者が日曜日に発表した共同コミュニケは、「COVID-19を克服することで、世界的な統一の象徴として、安全かつ確実な方法でゲームの開催を支持すると述べた。」準非常事態下では、知事は都道府県全体ではなく特定の地域に措置を講じることが許可されています。

- 広告 -