500mLのコーラをトイレに流したらどうなる?!

コーラは飲んで美味しいだけでなく、家の中のいろいろなトラブルを解決してくれるような優れものでもあるんです、ご存知でしたか?よく知られているのはサビなどに対し驚くほど効果的だということですが、他にも例えばクラゲに刺されたときの薬になったり、髪にガムがくっついてしまったときの対処やちょっとした症状に使えるというのは、おそらくあまりなじみがない事実です。さらにコーラは19世紀に薬剤師が考案したものだということを知っているのはよほどのコーラ好きくらいでしょう。

コーラの歴史

menway.com

コカコーラを発明したのはジョン・ペンバートンという薬剤師で、1886年のことです。「ビン・マリアーニ」という薬用酒二手を加えて作られた飲み物で、開発当初ペンバートンはそれを「フレンチ・ワイン・コカ」と名付けました。1886年になると、ペンバートンが住んでいたアトランタ州でアルコールが違法になります。そこで彼はワインの代わりにシロップを使って「コカコーラ」という新しい飲み物に作りかえたのです。

当時は水で割って飲むものとして売られていたコカコーラですが、後にシロップと炭酸水を混ぜて現在のような炭酸飲料が完成しました。

ここで本題に戻りましょう。そう、飲む以外のコーラの活用方法です。コーラが家で大活躍する優れものだということを確かめていきましょう。

次のページでは、トイレをきれいにするのにコーラを使うという斬新な動画をご紹介します。

- Advertisement -